学会報告

学会発表(国内)

  1. 見島亜莉沙・溝口貴文・新井一郎・三澤仁平・木村尚史・湯川慶子・児玉知子・藤井仁「消費者向け媒体における健康食品に関する注意喚起の伝達状況分析―雑誌」『日本薬学会第140年会』国立京都国際会館(京都)2020.03.27(ポスター) 〔新型コロナウイルス感染症の影響で学会自体は中止、ただし業績としては可〕
  2. 溝口貴文・見島亜莉沙・新井一郎・三澤仁平・木村尚史・湯川慶子・児玉知子・藤井仁「消費者向け媒体における健康食品に関する注意喚起の伝達状況分析―新聞・ネット販売サイト」『日本薬学会第140年会』国立京都国際会館(京都)2020.03.27(ポスター) 〔新型コロナウイルス感染症の影響で学会自体は中止、ただし業績としては可〕
  3. 三澤仁平・市川理恵・前田幸宏・渋谷昭子・日紫喜光良・根東義明「医療従事者の意思決定過程エラーに関わる「要考慮価値観」の文献的考察」『第57回日本医療・病院管理学会学術総会』朱鷺メッセ(新潟),2019.11.03(口頭)
  4. 前田幸宏・市川理恵・三澤仁平・渋谷昭子・日紫喜光良・根東義明「頭部外傷の予後予測モデルの評価-日本頭部外傷データバンク(JNTDB)データに基づくTRISS、CRASH、IMPACTの検証-」『第57回日本医療・病院管理学会学術総会』朱鷺メッセ(新潟),2019.11.03(口頭) 〔優秀演題賞(オーラル賞)受賞〕
  5. 市川理恵・三澤仁平・前田幸宏・渋谷昭子・日紫喜光良・根東義明「公開データベースを用いた若手医師の外来診療における医療事故報告の分析」『第57回日本医療・病院管理学会学術総会』朱鷺メッセ(新潟),2019.11.03(口頭)
  6. 尾形倫明・千葉宏毅・三澤仁平・たら澤邦男・森谷就慶・太田一樹・伊藤道哉・濃沼信夫「対人援助研修を受講したエンドオブライフケア提供者のターミナルケア態度に関する効果」『第57回日本医療・病院管理学会学術総会』朱鷺メッセ(新潟),2019.11.03(ポスター)
  7. 藤井仁・新井一郎・木村尚史・三澤仁平「過去に健康被害を生じさせた健康食品に関する情報発信の課題と対策」『第78回日本公衆衛生学会総会』高知会館(高知),2019.10.25(ポスター)
  8. 藤井仁・湯川慶子・新井一郎・木村尚史・三澤仁平「過去に健康被害が報告された健康食品の利用者に関する症例対象研究(パイロットスタディ)」『第66回日本栄養改善学会学術総会』富山県民会館(富山)2019.09.06(ポスター)
  9. 三澤仁平・渋谷昭子・前田幸宏・市川理恵・日紫喜光良・根東義明「スマートフォンを利用した双方向型授業による看護学生の授業意欲の向上」『平成30年度教育改革ICT戦略大会』アルカディア市ヶ谷(東京)、2018.9.6(口頭)
  10. 三澤仁平「リスク社会における〈不安〉と健康との構造的関係」『平成30年度日本大学学部連携ポスターセッション』日本大学会館(東京)、2018.8.21(ポスター)
  11. 三澤仁平、市川理恵、渋谷昭子、前田幸宏、日紫喜光良、根東義明「東日本大震災以前の精神的健康状態に関する生態学的研究」」『第546回日本大学医学会例会』日本大学医学部(東京)、2017.11.25(口頭)
  12. 市川理恵、三澤仁平、前田幸宏、渋谷昭子、日紫喜光良、根東義明「医療事故の発生に関与した小児科医の感情因子に関する事例分析」『第546回日本大学医学会例会』日本大学医学部(東京)、2017.11.25(口頭)
  13. 尾形倫明・三澤仁平・千葉宏毅・たら澤邦男・森谷就慶「震災地域の在宅療養支援診療所における看取りの促進要因1 ―人的資源と看取りの状況―」『看護経済政策研究学会第 8回学術大会』横浜市立大学八景キャンパス、2017.10.28(ポスター)
  14. 尾形倫明・三澤仁平・千葉宏毅・たら澤邦男・森谷就慶「震災地域の在宅療養支援診療所における看取りの促進要因2 ―多職種連携と看取りの状況―」『看護経済政策研究学会第 8回学術大会』横浜市立大学八景キャンパス、2017.10.28(ポスター)
  15. 日紫喜光良・三澤仁平・市川理恵・前田幸宏・渋谷昭子・根東義明「新規バイオマーカーを用いた糖尿病の未病診断技術が有する顧客価値の検討」『第15回日本医療バランスト・スコアカード研究学会学術総会』東京(専修大学)、2017.10.28(口演)
  16. 桵澤邦男・尾形倫明・三澤仁平・千葉宏毅・森谷就慶「東日本大震災による被災意識と人生の最終段階における療養場所の希望との関連」『第55回日本医療・病院管理学会学術総会』東京,2017.09.18(ポスター)
  17. 三澤仁平「東日本大震災以前の精神健康と社会経済状況との関連」『第3回東日本大震災研究交流会(日本社会学会 震災問題情報連絡会 震災問題研究ネットワーク主催)』早稲田大学,東京,2017.03(口演)
  18. 市川理恵・三澤仁平・前田幸宏・渋谷昭子・日紫喜光良・根東義明「小児科での医療事故発生過程における医師の感情因子の影響の検討」『第11回医療の質・安全学会学術集会』千葉,2016.11(ポスター)
  19. 湯川慶子・三澤仁平・津谷喜一郎・佐藤洋子・水島洋・元雄良治・新井一郎「パーキンソン病患者の補完代替医療の利用状況」『第4回日本難病医療ネットワーク学会学術集会』愛知,2016.11(ポスター)
  20. 尾形倫明・三澤仁平・千葉宏毅・たら澤邦男「東北における若年・中年世代の在宅療養の意向と家族介護の意識」『第75回日本公衆衛生学会』大阪,2016.11(ポスター)
  21. 伊藤尚子・文鐘聲・三澤仁平・金永子「在日コリアン高齢者の転倒関連要因-分散居住地区での検討-」『第75回日本公衆衛生学会』大阪,2016.11(ポスター)
  22. 三澤仁平「社会経済的不安と健康志向との関連──東北6県居住者対象の社会調査の分析──」『第89回日本社会学会大会』福岡,2016.10(口頭)
  23. たら澤邦男・尾形倫明・三澤仁平・千葉宏毅「DPC公開データを用いた東日本大震災前後における被災地の急性期医療の動向」『第54回日本医療・病院管理学会学術総会』東京,2016.09(ポスター)
  24. 三澤仁平・尾形倫明・千葉宏毅・たら澤邦男「在宅療養継続の実現可能性と社会経済的要因との関連」『第18回日本在宅医学会大会 第21回日本在宅ケア学会学術集会 合同大会』東京,2016.07(ポスター)
  25. 尾形倫明・三澤仁平・千葉宏毅・たら澤邦男「東北の在宅療養の不安要素と家族介護の意識」『第18回日本在宅医学会大会 第21回日本在宅ケア学会学術集会 合同大会』東京,2016.07(ポスター)
  26. 松繁卓哉、牛山美穂、孫大輔、畠山洋輔、三澤仁平「〈患者視点〉の今日的課題―問題の所在、理論の再構築、臨床への活用―」『第42回日本保健医療社会学会大会』大阪,2016.05(ラウンドテーブルディスカッション)
  27. 三澤仁平「東日本大震災から4年後の精神的健康と社会経済的不安感との関連」『第62回東北社会学会』仙台,2015.07(口頭)
  28. 三澤仁平・菊地和則・大塚理加「在宅療養者の在宅生活と連携、地域コミュニティとの関連-居宅介護支援事業所調査より」『第73回日本公衆衛生学会総会』栃木,2014.11(ポスター)
  29. たら澤邦男・三澤仁平・千葉宏毅・尾形倫明「震災地域の在宅療養支援診療所における連携体制1 被害状況と療養者の質的変化」『第73回日本公衆衛生学会総会』栃木,2014.11(ポスター)
  30. 千葉宏毅・三澤仁平・尾形倫明・たら澤邦男「震災地域の在宅療養支援診療所における連携体制2 多職種カンファレンスと説明」『第73回日本公衆衛生学会総会』栃木,2014.11(ポスター)
  31. 尾形倫明・三澤仁平・千葉宏毅・たら澤邦男「震災地域の在宅療養支援診療所における連携体制3 人的資源と看取りの状況」『第73回日本公衆衛生学会総会』栃木,2014.11(ポスター)
  32. 三澤仁平・千葉宏毅・尾形倫明・たら澤邦男「震災地域における在宅療養支援診療所の人的資源と連携体制、療養者数・看取り数の推移」『第52回日本医療・病院管理学会学術総会』東京,2014.09(ポスター)
  33. 尾形倫明・三澤仁平・千葉宏毅・たら澤邦男「震災地域の在宅療養支援診療所における連携体制と看取りに関する研究」『第52回日本医療・病院管理学会学術総会』東京,2014.09(ポスター)
  34. 千葉宏毅・三澤仁平・尾形倫明・たら澤邦男「震災地における在宅療養支援診療所の在宅看取りとカンファランスの参加に関する研究」『第52回日本医療・病院管理学会学術総会』東京,2014.09(ポスター)
  35. 三澤仁平・菊地和則・大塚理加「東日本大震災後の自治体における在宅医療整備の実態と今後の展望」『第72回日本公衆衛生学会総会』三重,2013.10(ポスター)
  36. 大裏瑞穂・近藤克則・三澤仁平「関節リウマチ患者における治療格差―疾患重症度および社会経済階層と総医療費の関連―」『第72回日本公衆衛生学会総会』三重,2013.10(ポスター)
  37. 大塚理加・菊地和則・三澤仁平「災害後の状況における在宅医療を利用する高齢者の在宅生活を継続する要因の検討」『第72回日本公衆衛生学会総会』三重,2013.10(ポスター)
  38. 平井寛・尾島俊之・近藤尚己・斉藤雅茂・近藤克則・鈴木佳代・三澤仁平「種類別の運動的趣味実施と所得・教育・都市度との関連」『第72回日本公衆衛生学会総会』三重,2013.10(ポスター)
  39. 三澤仁平「東日本大震災後の不眠と所得格差との関係──社会的文脈を考慮に入れた相対所得仮説モデルの適用──」『第86回日本社会学会大会』東京,2013.10(口頭)
  40. 三澤仁平「かかりつけ医の利用に関する個人的・地域的要因」『第51回日本医療・病院管理学会学術総会』京都,2013.09(ポスター)
  41. 大塚理加・増野華菜子・近藤尚己・山崎幸子・三澤仁平・森田明美・粟田主一・三浦久幸「東日本大震災被災地の仮設住宅の高齢者における介護リスクとソーシャルサポートの関連」『第55回日本老年社会科学会大会』大阪,2013.06(ポスター)
  42. 三澤仁平「東日本大震災前後の被災地における精神的健康―K6を用いた分析―」『第39回日本保健医療社会学会大会』東京,2013.05(口頭)
  43. 大裏瑞穂・佐川昭・近藤克則・安田泉・三澤仁平「関節リウマチ(RA)患者受診動態の分析―健康保険種類・居住地との関連―」『第27回日本臨床リウマチ学会』神戸,2012.11(ポスター)
  44. 三澤仁平「将来における経済的不安感と不眠、気分の沈み込みとの関連─東日本大震災後の仙台市民データを用いた検討─」『第85回日本社会学会大会』札幌,2012.11(口頭)(→報告を取り下げました)
  45. 三澤仁平・近藤克則・鈴木佳代・近藤尚己「高齢者における所得格差とうつとの関連:JAGESプロジェクトによるエコロジカル研究」『第71回日本公衆衛生学会総会』山口,2012.10(ポスター)
  46. 大裏瑞穂・近藤克則・三澤仁平「関節リウマチ患者の疾患活動性における健康保険種別による格差」『第71回日本公衆衛生学会総会』山口,2012.10(ポスター)
  47. 吉井清子・山崎喜比古・戸ヶ里泰典・三澤仁平・板垣貴志・近藤克則「SOC(首尾一貫感覚)6項目尺度の信頼性と因子的妥当性の検証:AGESプロジェクト」『第71回日本公衆衛生学会総会』山口,2012.10(ポスター)
  48. 鈴木佳代・近藤克則・山崎喜比古・三澤仁平・中川雅貴「被虐待高齢者の主観的健康感とソーシャル・キャピタルおよびSOC-JAGESプロジェクト」『第71回日本公衆衛生学会総会』山口,2012.10(ポスター)
  49. 林尊弘・近藤克則・山田実・松本大輔・三澤仁平・鈴木佳代「地域居住高齢者におけるスポーツ組織への参加と転倒歴との関連:JAGESプロジェクト」『第71回日本公衆衛生学会総会』山口,2012.10(ポスター)
  50. 三澤仁平「まちの活性度と住民の医療提供安心感との関連」『第50回日本医療・病院管理学会学術総会』東京,2012.10(ポスター)
  51. 山本龍生・近藤克則・三澤仁平・平井寛・中出美代・相田潤・近藤尚己・Ichiro Kawachi・平田幸夫「大規模コホート研究からみえてきた高齢者の歯数・義歯と転倒との関係」『深井保健科学研究所 第11回コロキウム』東京,2012.07(口頭)
  52. 尾島俊之・藤原武男・鈴木佳代・三澤仁平・斉藤雅茂・近藤克則・近藤尚己・中出美代・筒井秀代・徳本史郎・村田千代栄「ライフコースアプローチで見た身長とBMI:JAGESプロジェクト」『第48回日本循環器病予防学会』東京,2012.06(口頭)
  53. 三澤仁平「医療化社会における個人の健康観」『第38回日本保健医療社会学会大会』神戸,2012.05(口頭)
  54. 三澤仁平・近藤克則・竹田徳則・尾島俊之・近藤尚己・市田行信・小橋元・山本龍生・相田潤・平井寛「要介護リスク得点開発の試み:AGESコホート」『第22回日本疫学会学術総会』東京,2012.01(ポスター)
  55. 尾島俊之・近藤克則・三澤仁平・斉藤雅茂・市田行信・近藤尚己・徳本史郎・村田千代栄・狩野恵美「コホート研究に基づく介護予防ベンチマークのための総合指標の基礎的検討:J-AGES HEARTの開発」『第22回日本疫学会学術総会』東京、2012.01(ポスター)
  56. 近藤克則・尾島俊之・近藤尚己・三澤仁平・斉藤雅茂「介護予防政策のためのベンチマークシステム開発:J-AGESプロジェクト」『第22回日本疫学会学術総会』東京、2012.01(ポスター)
  57. 近藤尚己・斉藤雅茂・近藤克則・尾島俊之・三澤仁平・市田行信・平井寛・山縣然太朗「高齢者の抑うつに関連する地域環境要因に関するマルチレベル分析:J-AGESプロジェクト」『第22回日本疫学会学術総会』東京、2012.01(ポスター)
  58. 斉藤雅茂・近藤克則・尾島俊之・近藤尚己・市田行信・三澤仁平・平井寛「まちづくりは高齢者の閉じこもりに効果があるのか;J-AGESプロジェクト」『第22回日本疫学会学術総会』東京、2012.01(ポスター)
  59. 山本龍生・近藤克則・三澤仁平・平井寛・中出美代・相田潤・近藤尚己・平田幸夫「歯数・義歯の有無と高齢者の転倒との関連:AGESコホート」『第22回日本疫学会学術総会』東京、2012.01(ポスター)
  60. 白井こころ,・等々力英美・ 菖蒲川由郷・ Ichiro Kawachi・ 三澤仁平・ 近藤克則「沖縄地域におけるソーシャル・キャピタル(SC)と主観的健康状態との関係」『沖縄県公衆衛生学会』那覇、2011.11(口頭)
  61. 三澤仁平・近藤克則・竹田徳則・坪井宏仁「うつ発生の背景因子の解明-AGESパネルデータから見えるもの」『第70回日本公衆衛生学会総会』秋田、2011.10(ポスター)
  62. 徳本史郎・柴田陽介・村田千代栄・三澤仁平・尾島俊之・近藤克則「一人暮らし高齢者における死亡及び要介護認定に関連するリスク因子:AGESコホート」『第70回日本公衆衛生学会総会』秋田、2011.10(ポスター)
  63. 柴田陽介・徳本史郎・村田千代栄・尾島俊之・三澤仁平・近藤克則「自治体間で外出頻度に格差はあるか?J-AGESプロジェクト」『第70回日本公衆衛生学会総会』、秋田、2011.10(ポスター)
  64. 小久保まや・近藤克則・村田千代栄・三澤仁平・平井寛・山崎喜比古「介護をしている高齢者の死亡・要介護リスクと健康保持因子:AGESコホート」『第70回日本公衆衛生学会総会』、秋田、2011.10(ポスター)
  65. 三澤仁平・近藤克則「住みつづけたいまちの条件」『第49回日本医療・病院管理学会学術総会』、東京、2011.08(ポスター)
  66. 三澤仁平「誰がネオリベラリズムを支持するのか-健康との関連からの検討-」『第37回日本保健医療社会学会大会』、大阪、2011.05(口頭)
  67. 三澤仁平「健康維持の責任に対する意識と社会経済的地位との関連」『第69回日本公衆衛生学会総会』、東京、2010.10(ポスター)
  68. 三澤仁平「健康維持の責任に対する意識と健康関連行動との関連」『第48回日本医療・病院管理学会学術総会』、広島、2010.10(ポスター)(→報告を取り下げました)
  69. 高橋聡美・森谷就慶・金子さゆり・尾形倫明・三澤仁平・伊藤道哉・濃沼信夫「ICF国際生活機能分類の統合失調症患者への応用~ICF生活機能尺度の信頼性と妥当性の検討~」『第48回日本医療・病院管理学会学術総会』、広島、2010.10(ポスター)
  70. 三澤仁平「社会生活における不安と健康不安との関連」『第36回日本保健医療社会学会大会』、山口、2010.05(口頭)
  71. 三澤仁平「将来的な経済的不安感と主観的健康感との関連」『第68回日本公衆衛生学会総会』、奈良、2009.10(ポスター)
  72. 三澤仁平「地域に対する心理社会的評価と個人の健康との関連」『第47回日本医療・病院管理学会学術総会』、東京、2009.10(口頭)
  73. 金子さゆり・濃沼信夫・伊藤道哉・尾形倫明・三澤仁平・千葉宏毅・森谷就慶「居住系施設における看取りに関する研究」『第47回日本医療・病院管理学会学術総会』、東京、2009.10(ポスター)
  74. 濃沼信夫・伊藤道哉・金子さゆり・尾形倫明・三澤仁平「終末期患者の療養先選択に影響する要因、『第47回日本医療・病院管理学会学術総会』、東京、2009.10(口頭)
  75. 千葉宏毅・金子さゆり、尾形倫明、三澤仁平、伊藤道哉、濃沼信夫、川島孝一郎「在宅看取りがん患者への医療提供サービスに関する研究」『第47回日本医療・病院管理学会学術総会』、東京、2009.10(口頭)
  76. 三澤仁平「『健康格差』論をあらためて考える」『第46回日本医療・病院管理学会学術総会』、静岡、2008.11(口頭)
  77. 門馬靖武・濃沼信夫・伊藤道哉・金子さゆり・大黒一司・尾形倫明・三澤仁平「嗜好飲料の摂取と骨粗鬆症性骨折に関する研究」『第46回日本医療・病院管理学会学術総会』、静岡、2008.11(口頭)(→報告を取り下げました)
  78. 濃沼信夫・菱川良夫・伊藤道哉・尾形倫明・三澤仁平・金子さゆり・門馬靖武「放射線治療における患者自己負担の実態と経済的負担感を増加させる要因について」『第46回日本癌治療学会総会』、名古屋、2008.10(口頭)
  79. 高橋裕季・尾形倫明・三澤仁平・濃沼信夫「震災発生時における効率的な重傷者の広域搬送体制に関する研究」『第10回医療マネジメント学会学術総会』、名古屋、2008.06(口頭)
  80. 大槻久美・三澤仁平「同種HSCT患者の移植前後の精神的健康状態について」『第30回日本造血細胞移植学会総会』、大阪、2008.02(口頭)
  81. 金子さゆり・濃沼信夫・尾形倫明・門馬靖武・三澤仁平・伊藤道哉「病棟別看護業務量と患者安全との関係」『医療の質・安全学会第2回学術集会』、東京、2007.11(口頭)
  82. 門馬靖武・濃沼信夫・金子さゆり・大黒一司・尾形倫明・三澤仁平・伊藤道哉「納豆の摂取頻度と骨粗鬆症関連骨折に関する研究」『第9回日本骨粗鬆症学会』、東京、2007.11(口頭)
  83. 濃沼信夫・伊藤道哉・尾形倫明・三澤仁平・広中秀一・岡本直幸「実態調査にみるがん化学療法における患者自己負担の課題」『第45回日本癌治療学会総会』、京都、2007.10(口頭)
  84. 三澤仁平・濃沼信夫「民主主義と健康との関係に関する研究試論」『第45回日本病院管理学会学術総会』、横浜、2007.10(口頭)
  85. 門馬靖武・濃沼信夫・金子さゆり・大黒一司・尾形倫明・三澤仁平・伊藤道哉「食品摂取品目数と骨粗鬆症関連骨折に関する研究」『第45回日本病院管理学会学術総会』、横浜、2007.10(口頭)
  86. 金子さゆり・濃沼信夫・伊藤道哉・三澤仁平・丁漢昇「急性期病棟における看護業務およびマンパワー量と患者安全との関係」『第45回日本病院管理学会学術総会』、横浜、2007.10(口頭)
  87. 三澤仁平「健康の不平等の理論構築に向けて」『第33回日本保健医療社会学会大会』、新潟、2007.05(口頭)
  88. 大槻久美・三澤仁平「同種HSCTにおける患者の精神的健康度について―SF-36を用いた検討―」『第29回日本造血細胞移植学会総会』、福岡、2007.02(口頭)
  89. 三澤仁平・濃沼信夫「社会的に構築された健康状態の性差」『第44回日本病院管理学会学術総会』、名古屋、2006.10(口頭)
  90. 三澤仁平・濃沼信夫「主観的健康評価の性差に関する一考察」『第55回東北公衆衛生学会』、岩手、2006.07(口頭)
  91. 三澤仁平「骨髄移植後の患者に見える常人役割とQOL再考:医療社会学的視点による理論的考察」『第28回日本造血細胞移植学会総会』、東京、2006.02(ポスター)
  92. 三澤仁平・金野美奈子・江川緑「グローバル人材のストレスをいかに測るか―海外派遣勤務者調査から―」『第69回日本民族衛生学会総会』、東京、2004.11(ポスター)

学会発表(海外)

  1. Hishiki, Teruyoshi, Takuro Tamura, Eiji Sugihara, Yoshiko Matsunaga, Rie Ichikawa, Jimpei Misawa, Yukihiro Maeda, Akiko Shibuya, and Yoshiaki Kondo, “Recurrent Neural Network for Modelling Relevant Sentences for Concept Analysis” AMIA 2019 Annual Symposium, Washington Hilton (Washington, DC, US), 2019.11.19 (Poster)
  2. Shibuya, Akiko, Jimpei Misawa, Rie Ichikawa, Yukihiro Maeda, Izumi Ikeda, Mihoko Koshida, Teruyoshi Hishiki, and Yoshiaki Kondo, “The impact of emotion on medication errors: A text mining analysis approach” AMIA 2019 Annual Symposium, Washington Hilton (Washington, DC, US), 2019.11.18 (Poster)
  3. Shibuya, A, J. Misawa, Y. Maeda, R. Ichikawa, T. Hishiki, Y. Kondo, “A Visualization Approach to Improve Medication Safety: Association Between Medication Prescribing and Decision-making Information” AMIA 2018 Annual Symposium, Hilton San Francisco Union Square (San Francisco, US), 2018.11.5 (Poster)
  4. Hishiki, T., R. Ichikawa, J. Misawa, Y. Maeda, A. Shibuya, Y. Kondo, “Modeling the Cognitive Diagnostic Process, Mapping Factors Associated with Diagnostic Errors, and Analysis of Measures to Prevent Diagnostic Errors,” AMIA 2017 Annual Symposium, Washington, DC, US, 2017.11.07(Poster)
  5. Shibuya, A., T. Yamada, J. Misawa, Y. Maeda, R. Ichikawa, T. Hishiki, and Y. Kondo, “An Approach for Preventive Healthcare for Elderly People in Japan using an Information and Communication Technology-based System,” AMIA 2017 Annual Symposium, Washington, DC, US, 2017.11.06(Poster)
  6. Misawa, Jimpei, “Does subjective social status vary the effects of socioeconomic status on sleeping problems? Analysis of social survey data in the area afflicted by the Great East Japan Earthquake,” the British Sociological Association Medical Sociology Group 48th Annual Conference 2016, Birmingham, UK, 2016.09 (Poster)
  7. Misawa, Jimpei, Keiko Yukawa, Katsunori Kondo, Koki Tsuruoka, Kiichiro Tsutani, Yoshimi Kishimoto, Kazuo Kondo, “A Study on the Utilization of Complementary and Alternative Medicine from the Perspective of Social Determinants of Health in Japan,” Mixed Methods International Research Association Asia Regional Conference, Osaka, Japan, 2015.09 (Oral)
  8. Misawa, Jimpei, “Ecological Study of Relationship between Self-rated Health and Income Inequalities in Japanese Disaster Area,” The 15th Biennial Conference of the European Society for Health and Medical Sociology, Helsinki, Finland, 2014.08 (Oral)
  9. Misawa, Jimpei, “Did mental health of residents after the Great East Japan Earthquake get worse than before? An analysis of using repeated cross-sectional survey”, The Society for the Study of Social Problems 64th Annual Meeting, San Francisco, USA, 2014.08 (Oral)
  10. Misawa, Jimpei, “Rethinking Pharmaceuticalisation from the View of Japanese Context” XVIII ISA World Congress of Sociology, Yokohama, Japan, 2014.07 (Oral)
  11. Misawa, Jimpei, “A Study of the Relationship between Income Inequalities and Insomnia: Ecological research using the data in disaster area affected by the Great East Japan Earthquake” Fourth International Conference on Health, Wellness and Society, Vancouver, Canada, 2014.03 (Oral)(→報告を取り下げました)
  12. Misawa, Jimpei, “A study of relationship between socioeconomic status and insomnia after the Great East Japan Earthquake: Analysis of longitudinal survey for residents in Sendai city” the 88th International Conference of Korea Association of Japanology, Seoul, Korea, 2014.02 (Oral)[=三澤仁平「東日本大震災後の不眠と社会経済的地位との関連-仙台市民対象のパネルデータを使った経時的分析-」『韓国日本学会第88回国際学術大会』,ソウル,韓国,2014.02(口頭)]
  13. Misawa, Jimpei, Kazunori Kikuchi and Rika Otsuka, “Do Social Contexts Influence Self-rated Health in Adults? An Analysis of using Repeated Cross-Sectional Survey,” Autumn Conference of the Section Sociology of Medicine and Health of the German Sociological Association, Florence, Italy, 2013.10 (Oral)
  14. Misawa, Jimpei, “Association between Insomnia and Socioeconomic Status in Disaster Area after the Great East Japan Earthquake,” the British Sociological Association Medical Sociology Group 45th Annual Conference 2013, York, UK, 2013.09 (Poster)→Medical Sociology Online
  15. Yamamoto, Tatsuo, Katsunori Kondo, Jun Aida, Kayo Suzuki, Jimpei Misawa, Miyo Nakade, Yukio Hirata, “Association between Use of Dentures/Bridges and Social Capital: JAGES Project,” International Association for Dental Research (IADR) General Session and Exhibition, Seattle, USA, 2013.03 (Poster)
  16. Kano, Megumi, Jimpei Misawa, Kayo Suzuki and Katsunori Kondo, “Linking evidence to health policy for the ageing: A social health atlas of older adults in a major Japanese city,” IFA 11th Global Conference on Aging, Prague, Czech Republic, 2012.05 (Oral)
  17. Suzuki, Kayo, Megumi Kano, Jimpei Misawa, Kayako Sakisaka, Etsuko Yuhara and Katsunori Kondo, “Self-reported physical, psychological and financial mistreatment among community-dwelling older adults in Japan,” IFA 11th Global Conference on Aging, Prague, Czech Republic, 2012.05 (Oral)
  18. Misawa, Jimpei, “Relation between self-rated health status, and social capital at individual and neighbourhood level,” NUS, Duke-NUS, APRU Joint Conference 2010 on Healthy Aging, Singapore, Singapore, 2010.10 (Oral)
  19. Kaneko, Sayuri, Nobuo Koinuma, Michiya Ito, Jimpei Misawa and Tomoaki Ogata, “Relationship among nursing services, manpower of healthcare staffs, and occurrence of incident/accident in acute care units,” Patient safety congress, Birmingham, UK, 2009.04 (Poster)
  20. Koinuma,Nobuo, Michiya Ito, Sayuri Kaneko, Tomoaki Ogata, Yasutake Monma and Jinpei Misawa, “Informed consent about the economic burden for patients with cancer,” 18th International Congress on Anti Cancer Treatment, Paris, France, 2007.02 (Poster)
  21. Misawa, Jimpei, Minako Konno and Midori Egawa, “International Comparison of Social Stress and Its Related Factors among Japanese, U. S. and European Corporate Expatriates in Brussels,” XVIII World Congress of World Association for Social Psychiatry, Kobe, JAPAN, 2004.10 (Poster)