出版

BMC Complementary and Alternative Medicine に論文が掲載されました

Misawa, Jimpei, Rie Ichikawa, Akiko Shibuya, Yukihiro Maeda, Ichiro Arai, Teruyoshi Hishiki, and Yoshiaki Kondo, 2019, “The impact of uncertainty in society on the use of traditional, complementary and alternative medicine: a comparative study on visits to alternative/traditional/folk health care practitioners,” BMC Complementary and Alternative Medicine, 19: 252. DOI:  10.1186/s12906-019-2662-x.

上記の標題で掲載されました。

ISSPデータを用いて、伝統・補完代替医療の利用に社会における不確実性が関連することを生態学的に明らかにした論文です。

社会における不確実性の中でも失業率が男女ともに伝統・補完代替医療の利用に関連があることを明らかにしました。伝統・補完代替医療を社会制度上で設計する際には社会構造を考慮することが望まれることを指摘しました。

Aging & Mental Health に論文が掲載されました

Misawa, Jimpei & Katsunori Kondo, 2019, “Social factors relating to depression among older people in Japan: analysis of longitudinal panel data from the AGES project”, Aging & Mental Health, 23:10, 1423-1432, DOI: 10.1080/13607863.2018.1496225

上記の標題で掲載されました。
JAGESパネルデータを用いて、高齢者のうつに関連する社会的要因を明らかにした論文です。
男性は友人と会うこと、趣味を持つことが、うつのリスクを軽減させることが明らかになりました。高齢者にとって、社会的な交流を促進させるようなシステムを確立することは、うつ予防の有用な社会政策アプローチである可能性を指摘しました。

『日大医学雑誌』に論文が掲載されました

三澤仁平,2018,「健康の社会的決定要因研究の展望」『日大医学雑誌』77(5): 335-336.

上記の標題で掲載されました。
健康の社会的決定要因(Social Determinants of Healt: SDH)に関する研究の隆盛にともなって、そのSDH研究の本質が等閑に付されているのがずっと気になっていました。
現代のSDH研究に潜在的にみられる問題点を指摘した論文です。