PLoS ONE に論文が掲載されました

Misawa, Jimpei, Rie Ichikawa, Akiko Shibuya, Yukihiro Maeda, Teruyoshi Hishiki, and Yoshiaki Kondo, 2018, “The prevalence of mental distress before the Great East Japan Earthquake and the associated impact of an aged society: An ecological study,” PLoS ONE, 13(9): e0200578. DOI: 10.1371/journal.pone.0203985.

上記の標題で掲載されました。
宮城県民を調査対象とした社会調査データを用いて、東日本大震災以前のメンタルディストレスの状況と、そのメンタルディストレスと社会構造(高齢化率)との関連をエコロジカルに明らかにした論文です。
東日本大震災以前において、メンタルディストレスが悪い宮城県民は全体の12.6%でした。
第1次産業に従事者しているひとびとが少ない地域と、精神疾患患者数が多い地域において、東日本大震災以前のメンタルディストレスと高齢化率との関連が見られました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください