月別: 2017年3月

東日本大震災研究交流会で報告しました

3月10日、第3回東日本大震災研究交流会(於:早稲田大学)で報告しました。

「東日本大震災以前の精神健康と社会経済状況との関連」という演題です。
東日本大震災で、精神的健康状態の悪化が問題視されていますが、震災以前の状況がふまえられないまま議論が展開されています。
そこで、本報告では震災以前の被災地における精神的健康状態を概観し、それと社会経済的な構造との関連を示しました。

対象フィールドは宮城県で、
震災以前から宮城県民の精神的健康状態は不良であったこと、
また、それにはいくつかの社会構造が関連している可能性を地域相関研究で明らかにしました。

東日本大震災から6年が経ちました。
いただいたコメントをもとに内容をブラッシュアップして、早々に論文化し、
東日本大震災の影響を受けた地域・住民の方々の健康問題解決につなげていきたいと思います。