暮らしと医療に関する意識調査

調査の目的・意義について

東日本大震災以降、どのような医療提供体制を構築していくのかを明らかにすることが、わが国における喫緊の課題である。とりわけ、どのように在宅医療に関する医療提供体制を整備していくのかを明示する必要がある。このアンケート調査は、これらの課題に対応するため、今後のよりよい医療システムづくりへの示唆を得るための貴重なデータ(資料)とすることを目的とする。

調査対象者について

岩手県、宮城県、福島県の20歳以上75歳未満の男女2160名を対象にインターネット調査を実施した。調査期間は2013年2月である。

研究資金について

厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)

倫理的配慮について

本研究は、独立行政法人国立長寿医療研究センターの倫理委員会の承認を得ている。

調査結果について

単純集計結果の公開(予定)